mdp_slide01
mdp_slide02
mdp_slide03
mdp_slide04
mdp_slide05
mdp_slide07
mdp_slide06
mdp_slide08
previous arrow
next arrow
【3月11日:サービス一時停止のお知らせ】

(2024年02月21日)

下記日程にて、メンテナンス作業のため当サイトのサービスを一時停止いたします。

3月11日(月) 20:00〜翌 3月12日(火) 6:00

作業完了次第、通常通りのサービスを開始いたします。
ご了承いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

「伝承」の心を捉えた地域総合デザインへ

宮崎大学では、いきいきとした次代型の地域生活を実現するために、地域の方々や関連機関と協力しながら、地域資源情報活用センターを立ち上げました。地域の「伝承」情報を蓄積し、地域づくりに活かすための機関です。

合い言葉は「伝承を地域づくりの柱に!」です。センターでは「伝承」を、地域の人づくり・世間(地域社会)づくりを担ってきた歴史・社会的システムと捉え、現代生活を根本から見直すための重要な柱であると考えています。

地域の力をあわせて、地元の「伝承」をともに調査し記録すること、「伝承」と向き合うこと、そして「伝承」の心を皆で再発見し、「伝承」を体現して、現代に活かすことが次代型の心豊かな地域づくりにつながります。

新たに生まれた参加型のセンターと共に、是非その活動を形にしていきましょう。

センターからのお知らせ

伝承の4つの柱

TOP